大阪梅田 人生最後のダイエットサロンで一生スリム体型になる!! 痩身&エイジングエステサロン「リファイン」

営業時間

11:00~19:30(受付終了)

定休日
毎週火曜・第1、第3水曜
06-6131-5770

※施術中でお電話に出られない場合は、留守番電話に
残して頂ければ必ず折り返しご連絡いたします。

お酒を飲むと締めのラーメンが食べたくなるのはなぜ?

お酒を飲んだ後、なぜかラーメンが食べたくなる・・・

このような経験をしたことがある方は多いはず。

「さっきまであんなにたくさん食べたのにどうして?」

そう、本当にお腹胃腸が空っぽになってお腹が空いているわけではないんです。

ではどうしてお酒のあとはラーメンが食べたくなるのでしょうか?

血糖値とインスリン

ビールや日本酒、甘いカクテルには糖質がたくさん含まれています。

お酒を飲みながら食事をとると、あっという間に血液中の糖分の値(血糖値)が上がり、上がり過ぎた血糖値を下げるためのホルモン「インスリン」が大量に分泌されます。

大量に分泌されたインスリンの作用で今度は血糖値が急に下がりすぎてしまい「低血糖」の状態になります。

私たちの身体は血糖値が下がると空腹を感じるようになっています。

そして手っ取り早く血糖値を上げる方法が、ラーメンなどの高カロリーの炭水化物を食べること。

脳が下がった血糖値を回復させるために「カロリーの高いものや炭水化物を食べなさい」と命令を出すため、お酒を飲んでたくさん食事したにもかかわらず「何か食べたいな~」って思うようになっちゃうんです。

ラーメンが食べたくなる原因は、「血糖値の急上昇と急降下」ということが分かりましたね。

ではどのようなことに気を付ければ締めのラーメンを食べずに済むのでしょうか?

締めのラーメンを回避するには?

締めのラーメンを食べずに済ますには、血糖値を急上昇させないということが何よりも大切。

それでは血糖値を上昇を緩やかにするためにする食べ方を2つお伝えしますね。

糖質の少ないアルコールを選ぶ

ビール・日本酒・ワインなどの醸造酒、甘いカクテルは糖質が多い飲み物です。

糖質が多いアルコールは血糖値が急激に上がりやすくなります。

ですので糖質の少ないアルコールを選ぶようにしましょう。

糖質の少ないアルコールは焼酎・ウイスキー・ウォッカ・泡盛などの蒸留酒です。

ビールやカクテルは初めの1杯だけにして、2杯目以降はハイボールや水割り・お湯割りなどを選ぶようにしましょう。

蒸留酒は悪酔いしにくいので翌朝の二日酔い防止にもなりますよ。

低GI食品のおつまみを選ぶ

GI値というのは血糖値の上昇しやすさを数値化したものです。

炭水化物はGI値が高く、血糖値が急激に上昇しやすいので、血糖値が上がりにくい低GI値のおつまみを選ぶようにしましょう。

低GI値の食品とは、野菜、たんぱく質、海藻類、ナッツ等。

居酒屋のメニューだったら、サラダ、枝豆、冷ややっこ、お刺身、だし巻き、焼き魚、焼き鳥・・・

たくさんのバリエーションがありますよね。

あと酢の物など酸っぱい料理も血糖値を下げてくれるので、もずく酢、キュウリの酢の物等もおすすめです。

揚げ物の添えてあるレモンを絞るだけでも血糖値を下げる効果がありますよ。

また、どうしても米や麺類、デザートなどの炭水化物が食べたい時は、一番最後に食べるようにしましょう。

最後に・・・おいしく飲めるアルコールの量を把握しておく

たくさんアルコールを飲んで酔っ払ってしまうと、脳の働きが鈍くなり食欲の感じ方が鈍くなり満腹感がわからなくなってしまいます。

お酒はおいしく飲める量だけにして、決してお酒に飲まれないで下さいね。

飲みすぎ酔いすぎに気を付けてお酒もダイエットも両方楽しみましょう!!

お問い合わせはお気軽に

お気軽にお問合せください

06-6131-5770

※施術中はお電話に出られないことがございますが、留守番電に残して頂ければ、必ず折り返しご連絡いたします。

営業時間:11:00~19:30(受付終了)
定休日:毎週火曜・第1、第3水曜

ネットからのご予約・お問い合わせはこちら