お肌も髪も心もずっとキレイに!女性ホルモンの活性についてご紹介します。

ダイエットと若返りのRefine(リファイン)

いつまでも”女”でいるためのホルモン活性方法

女性なら、年齢を重ねても美しく、若々しくありたいと願うもの。
しかし、40代を過ぎると、年とともに現れる心身の変化に誰もが戸惑いや焦りを感じます。

 

ふと気づくとおばちゃん体型に近づいていたり、肌や髪はパサつき、なんだかいつもイライラ…。

 

髪が乾燥して悩んでいる女性

 

さらに、仕事に家事に育児にと頑張っているこの年代の女性はついつい自分のことなんて後回しに考えがち。
ですが、毎日忙しい大人の女性だからこそ、“女”であることを日々実感してほしいのです。

 

今回は、「もしかして私ってもうおばちゃん?」「“女”としてのピークはもう過ぎた…」と思っている女性にこそ意識してほしい、女性ホルモンとの付き合い方についてお話します。

 

女性ホルモンと女性らしさ

40代を過ぎると、女性は心と体にさまざまな症状が表れてきます。
それは、女性ホルモンの分泌量が減少する過程で起こる変化であり、誰もが経験すること。

 

本来女性らしい体型やハリ・ツヤのあるお肌、髪などを維持する働きのある女性ホルモンが減少することによって、急速に「女性らしさ」が失われるように感じます。

 

また、ホルモンバランスが乱れがちになり、イライラや発汗、むくみなどの不調を抱えることも。
心身に大きな影響を与えるこの「女性ホルモン」ですが、分泌量自体を“増やす”ことは残念ながら不可能。

 

スプーン1杯

 

さらに言うなら、一生のうちに分泌される女性ホルモンは、ティースプーン1杯程度と決まっているのです。
これほどに僅かな量の女性ホルモンが、私たちの美と健康をつかさどっているなんて、何だか不思議な感じがしますよね。

 

日常生活から学ぶ 女性ホルモン分泌を妨げるNG習慣

これまでのご説明で、「え!女性ホルモンって増やせないの?」とがっかりされた方もいらっしゃると思います。
確かに女性ホルモンは医学的な治療等を除き、自力で増やすことはできません。

 

ですが、女性ホルモンの分泌量が減少したことによる症状を改善したり、ホルモンバランスを整えることによって、「健康的な女性らしさ」を失わないようにすることは可能。

 

まずは日々の生活を見直し、女性ホルモンの分泌を妨げたり、ホルモンバランスが崩れる行動を取っていないか、セルフチェックをしてみましょう。

 

1日1食以上を外食やコンビニ弁当で済ませてしまう
残業などで不規則な生活が続いている
ダイエット中
ストレスが多い生活を送っている
喫煙の習慣がある
熟睡できず、中途覚醒や夢見が悪いことが多い

 

以上のような生活を日常的に行っている人は特に要注意!
女性ホルモンは規則正しい食事と睡眠により一定の分泌量を守っているため、不規則な生活や睡眠不足は天敵です。

 

また、ストレスによるホルモンバランスの崩れは、心身に大きな悪影響を及ぼす恐れがあります。
同じく喫煙も、ホルモンの分泌を著しく阻害してしまうため、年を重ねるごとに生理不順やイライラなどの症状が現れやすくなってしまいます。

 

40代を過ぎても若々しく!女性ホルモン活性&コントロール方法

40代を過ぎ、女性ホルモンの分泌量が減少してくる時期に大切なことは、女性ホルモンを「増やす」ことではありません。
活動を補う=活性化です。
そしてホルモンバランスを上手くコントロールすることにより、女性らしい若々しさを保つことができます。

 

具体的には、規則正しい食生活と睡眠、そして適度な運動により、ホルモンバランスを整えましょう。

 

そして、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と似た働きをするイソフラボンなどを食事の中で多く取り入れることで、その性質を補うことができます。

 

イソフラボンが豊富な大豆製品

 

イソフラボンが多く含まれる食べ物は、豆乳や納豆・豆腐などの大豆製品。
また、キャベツやブドウ、リンゴ、ヨーグルトなどには、エストロゲンを分泌する卵巣の動きを活性化する物質が含まれているので、積極的に摂ると良いでしょう。

 

女性ホルモンの活性化とコントロール方法を身に着け、若々しく、素敵に年を重ねる成熟した女性を目指しましょう!