美容にも健康にも大敵!食べないダイエットの危険性をご紹介します。

ダイエットと若返りのRefine(リファイン)

食べないダイエットの危険性

何ものっていないお皿
女性なら誰でも、理想的なプロポーションを手に入れたいもの。
頑張ってダイエットをして、今より美しくなれたら、それだけで毎日楽しいですよね。

 

しかし、痩せていることにこだわるあまり、食べないダイエットをするのは危険。
長い目で見て逆効果になるだけでなく、健康や生命を脅かすこともあるのです。

 

今回は、食べないダイエットにどんな危険性があるか詳しくご紹介します。

 

食べないとより太りやすくなる?

ダイエット中に極端な食事制限を行うと、人の体は飢餓状態に陥ります。
言わばあなたの体は緊急事態。

 

取り込んだ少ない栄養素でなるべく多くのエネルギーを作り出そうと、カロリーを吸収しやすく、消費しにくくしてしまうのです。
ダイエットをやめた瞬間大幅にリバウンドしてしまう人は、このようなメカニズムが働いているのですね。

 

また、体に必要な栄養素が摂取できないと、筋肉量、代謝が劇的に低下してしまいます。
その結果、体重は減少していてもダイエット前より太りやすく、痩せにくい体質に。

 

さらに食事のみのコントロールでは、均整の取れた体型にはなりにくく、ダイエットの結果に満足できない人がほとんどです。

 

過度な食事制限は美容にも大敵!

食べないダイエットは、美容にも悪影響を及ぼします。

 

私たちの体は、タンパク質や脂質、炭水化物という三大栄養素をはじめとし、ビタミンやミネラルなどの成分によって生命活動を維持しています。
食事に含まれるこれらの栄養素は、生きていくために必要なだけでなく、肌や髪を美しく保つ働きも担っているのです。

 

艶のあるキレイな髪

 

そのため、体に栄養素が十分に届かないと、肌荒れ、乾燥、敏感肌などのトラブルを引き起こしたり、髪がパサパサになってしまったりといった残念な結果に。
場合によっては円形脱毛症になる人も…。

 

さらに、筋肉量が低下した体はたるみやすく、女性らしい美しさとは程遠い体型を生み出してしまいます。
どんなに体重が減っても、これではダイエット成功とはとても言えませんよね。

 

ホントに危険!命を脅かすことも!

ダイエットで、目標とするプロポーションを手に入れることは素晴らしいこと。

 

しかし、「痩せている」ということに固執しすぎると、「食べる」=「太る」と捉えてしまい、食べる行為そのものが悪であるという極端な考えに陥ってしまう危険性があります。

 

初めのうちは食べることを我慢していても、だんだんと食べるのが苦痛になり、ひどい場合は摂食障害や鬱、強迫神経症などの重篤な心の病気を引き起こす可能性も。
身体的には、生理が止まったり、便秘がちになるなどの症状が現れ、常に体が怠く、疲れやすいという貧血傾向も悪化してしまう場合があります。

 

食べて美しく痩せるには

食べないダイエットの危険性について、理解できましたか?
では、食べて美しく痩せるためには、どのようにすればよいでしょうか。

 

やはり、基本はバランスの良い食生活と筋トレなどのボディメイク、そして有酸素運動で代謝を上げて全体的なサイズダウンを図るのが理想的です。
食事については、減量しつつも筋肉量を維持するために、炭水化物を少なめに、肉や魚、大豆などのタンパク源を多めに摂取します。

 

新鮮な野菜と果物

 

また、ダイエット中はビタミンやミネラルが不足しがちなので、野菜や果物、キノコ類、海藻などについても積極的に食べるとよいでしょう。
サプリメントに頼っても良いですが、体への吸収率を考えると、食材からバランス良く摂るのがおすすめです。

 

また、ストレスによりホルモンバランスが乱れると、暴飲暴食に走ってしまいがち。
ダイエット中は特に意識してストレス解消ができるように心がけ、健康的なダイエットを目指しましょう!